無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
イタリアで訪問したワイナリー.2
0
    さて、まだまだ遊んでたと思われていると思いますので、、、
    2軒目のワイナリー訪問ブログです。 先日のブログでは、カンパーニア州のワイナリーでしたが、
    次は場所は、イタリアの地図 ブーツのかかとの州 プーリア州へ移動です。



    しかも、皆様よくご存知のとんがり屋根のトゥルッロ





    のある アルベロベッロ内にあるワイナリーでした。 プーリア州バーリ県アルベロベッロ 訪問前は、未知のワイナリー。 訪問してからも未知のワイナリー。 実際にワイナリーからとんがり屋根は見えました。


    到着すると、 ソムリエのトンマーゾさんと、エノロゴ クラウディオさんが説明してくれました。
    こちらのワイナリーは、建物は古いですが機械はすごく新しいんです、と 語り始めてくれました。



    『このエリアで栽培されている葡萄は、 60%が黒ぶどう、あとは白葡萄。 さぁ、中に入ってください。』
    ふと、足元に目をやると、通天閣や東京タワーにあるような床下が見える




    コレがありました。

    『床下7mの空間がそこにはあり、 30000Lの桶があります。
    昔はワインをそこで作っていたが、今はワインを作ることはせず、 スプマンテを寝かせる場所として使用しています。』
    ちなみに、アルベアでは 12の農場から葡萄を購入しているそうです。

    『その12の農場は我々にとって、大切な大切なパートナーです。
    この近所の畑では、トゥルッリの石の中(石と石の間など)に 葡萄が根を張りますので、
    他の地で作られるプリミティーヴォとは少し違う味わいに仕上がります。
    石は温度が低いということも影響します。
    実際に味わってみて頂きますと、 ミネラルと酸味も感じて頂けるでしょう?』
    と、お話してくれました。





    彼は、カンティーナに併設されている展示室をあるきながら、まだ続けます。

    『昔、プリミティーヴォは北イタリアで作られるワインに甘みと果実味を補う為に、 使われていただけでした。
    その頃はもちろん瓶詰めもされず、市場に出回ることもありませんでした。

    これは、設立当初の樽


    プリミティーヴォの可能性、
    ポテンシャルを更に引き出して 今ではこうして100%プリミティーヴォで素晴らしいワインも作られ、
    瓶詰めして販売しております。

    と、プーリアとプーリア以外の州の古いヴィンテージのワインを並べている所を歩きながら、話す。


    ちなみにプリミティーヴォは
    葡萄の中では1番最初に熟すので、
    イタリア語でプリモは1番や最初という意味で、
    そこから名前がつけられました。 違う生産者さんは、1番最初に収穫されるので、、、と言ったりもします。』
    ここまで話終えた時点で、さぁテイスティングしましょう!と、 ティスティングに

    樽のズラッと並ぶ部屋で。


    このアルベア社、13種類のワインを作っております。
    スパークリングワインは2種類。 1つはシャルマ、
    もう1つはメトドクラッシコ。


    シャルマ方式のワインは、ルッフィアーノRuffianoという名前。 2015年。葡萄はフィアーノ100% 。
    2気圧程のいわゆるフリッツァンテ。 3年から4年で、飲み頃を迎える。
    花のような感じも感じる反面、焼けたパンの様な香りも感じるでしょう?
    実は、6ヶ月澱と寝かせるので、
    メトドクラッシコの様な味わいを感じるんですよ。
    ちなみに、クラッシコは24ヶ月から36ヶ月 澱と共に。
    葡萄品種は、 ミヌートロ、ヴェルデーカ、ビアンコ デ アッレサーノ、マレスコの4種類。
    聞いた事のない葡萄もありますね。
    とてもフレッシュで、
    生き生きとした酸味もあり、複雑さや、優しいニュアンスもある。
    日本食なら、お寿司や刺身とぜひと彼はいう。
    ワイン名は、
    飲みやすいワインという意味。 確かに飲みやすい。 食事の前に、楽しくくいっと飲んで、
    アペリティーヴォにも 持ってこいのワイン!




    次は、LUI と言うワインを試飲。
    葡萄はネーロ ディ トロイア。 何故、ワイン名がLUIなのかを聞いてみると、
    ワインに名前を付けずに何者なのかを
    明らかにしたくなかったからです。 と答えてくれた彼。
    このワインは60年以上の樹齢の葡萄から作られる7000本のみ。
    良年のみ作られる。
    試飲させていただいたワインは2013年、すでに4年寝ているが、
    もちろん今飲んでも美味しいし、
    まだまだ寝かせてもいいと、彼はいう。

    香りは、スミレや甘草など、典型的なこの葡萄の香りがします。
    葡萄自身の香り、
    発酵由来の香り、
    熟成由来の香り。

    赤い果実、さくらんぼ、ぺぺローネ、ポモドーロ、まだ青いフルーツ、
    セルバチコ、 木の香り、ネーロ ディ トロイアは
    タンニンをしっかり感じる葡萄品種。
    このワインは、とてもエレガントで、タンニンも程よく柔かい。
    もう少し、寝かしておこうと思う。





    次は、solというワイン。 このラベルはなんだ?sole? うん、音楽とも言っていた。
    ここら辺、なんか曖昧。 1700年にプリミティーヴォはこの地に来たと言われております。
    香りはさくらんぼなどの赤い果実、赤ピーマンも感じます。
    このプリミティーヴォが作られる畑の歴史は100年を超えます。 樹齢も古いものも多いです。
    ふくよかでタンニンもしっかり感じ、 甘さも凝縮感も飲んで分かるでしょう?
    爆発的な香りの強さがこのエリアの特徴、 とてもフレッシュなフルーツ、赤い果実、
    さくらんぼ、15ヶ月バリックで熟成させているので、 バリック由来の香りはもちろん感じます。
    生き生きとしたタンニンも感じ、
    収斂性もある、奥行きもあり、
    縦にも横にも広がるワイン。 antipastoから、食後にも楽しんで頂ける1本です。



    と、話足りないくらいに話してくれたお二人に感謝です。
    | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    イタリアで訪問したワイナリー 1
    0
      イタリアでは、観光ばかりして遊んでるだけやなミコ笑

      と、
      お思いの方もおられるかと思いますが、

      私にとってワイン研修でもありますので、しっかり本業のワインの畑や醸造所も見て来ました^ - ^

      最初に訪問したワイナリーは、
      アジェンダアグリコーラ
      サンサルヴァトーレ社。

      こちらは、カンパーニア州サレルノ県ジュンガノ市 パエストゥム遺跡で有名なチレント自然国立公園内にワイナリーがあります。

      パエストゥム遺跡も今回行って来ました!が、この話はまたお店で。

      まず、醸造所の見学。 大きくて清潔だということが入った瞬間にわかります。

      そして、私にとっては
      先鋭的に見えました。
      実際は、私が知らないだけで
      そうではないのかもしれませんが。

      外で葡萄の圧搾機のお話をしてから、 中に入ると、大きなステンレスタンク。 タンクの上部に見たことのない設備。

      ん?なんやろ、コレ。

      どうやら、外で葡萄を圧搾してから、後は自動でこのタンクへ運んでくれる設備だそう。

      どうなってるのかよじ登ってマジマジと見たい気持ちを抑えて、熟成室に移動。

      すると、そこでも不思議な光景が。

      樽の真ん中部分に色のついたGAMBAの樽。 こんなオシャレな樽があるのか、初めて見たな〜って思ってたら、

      トコトコと、オーナー井口が隣にやって来て、

      『この樽の真ん中、なんで色ついてるんか聞いたら、樽の真ん中のこの部分が1番汚れやすいから、汚れが目立たないためにこうやってるらしいで。』
      ホォホォ。なんで私がなんで樽がこんな色か聞こうと思ったか分かったんだろう笑。

      なんだか、さすが、、、としか言いようのない理にかなった理由。
      実際、確かに樽のお腹の部分は汚れやすいみたいですね。

      小樽以外にも、楕円形の樽もありました。

      その後は、瓶詰めした後のワインを保管している場所 兼 スプマンテの瓶内二次発酵している部屋へと移動。

      ボトルの底に印をつけて、 少しづつ回して瓶の口元に澱を集める。 あの作業ですね。 こちらのワイナリーの、
      このスプマンテは3年このまんまだそうです。

      その横に目を向けますと、 この機械。
      さて、コレなんでしょう?

      瓶の口に溜まった澱を瞬時に冷却して、取り除く。 あの機械です。デゴルジュマン(瓶の口元に溜まったオリを取り除く、そのために瓶の口を凍らせる)の機械です。 何度で何分くらい付けるか聞いたら良かったな。

      この後は、王冠を外し澱を取り除き、 目減りしたワインの量を補う為にリキュール添加するドサージュをしてミュズレをはめて座金を取り付けるのでしょうが、 手作業でミュズレをはめて座金を付けると言っておりました。

      根掘り葉掘り聞きたい気持ちを抑えて、時間も時間なので、 畑へ移動です。

      傾斜は、想像よりゆるやかでした。

      ちなみに以前訪問したロエロの傾斜はこんな感じ。


      こちらの方が急ですね。

      右には青々とした、、、

      アリアニコ。 パッと見は白ワイン用の葡萄かと 皆さん思われてますが、 色づく前の黒葡萄です。

      雑草はそのままの状態です。

      私たちは、そのまま上へ上へと登って行きます。
      見えてくるのはこの設備。
      こちらのワイナリーでは、水牛を飼っており、 モッツァレラも作る。その水牛の牛糞を、メタンガスから電気へかえる設備だそう。

      こちらでも、水牛小屋も見せて頂いたんですが、 写真はありません。 ごめんなさい。

      見学後は、サンサルヴァトーレ社のワインとストレスなく自由に過ごした水牛の乳から作られたモッツァレラ チーズをワイナリー直営のレストランで楽しみました。

      もう一度言いますが、、、
      研修です。笑

      このレストラン、全てサンサルヴァトーレ社のロゴ入り。

      植木鉢も、
      ナフキンも、
      水のボトルも、


      お料理がもりつけられているお皿も、


      あと、植木鉢も。(二回目) なにもかも。
      水牛はこのワイナリーにとって大切な存在とも話しておりました。
      ちなみに前菜はこちら。


      このサルヴァトーレ社の水牛の乳から作られるモッツァレラチーズとリコッタチーズ、スモークしたモッツァレラチーズ。白ワインはもちろん、スモークに関しては軽いタイプの赤ワインと楽しめました。 パスタはこの地でよく食べられるシンプルなひよこ豆のソース。

      パスタ名は、レガーネと聞こえましたが、違ったら訂正しますね。
      モチモチしてて、すいとんのようでした。優しい味わいのソースといただきました。

      ドルチェは水牛のヨーグルトクリーム。 実は、私は乳製品得意ではないんですが、美味しかったです。




      お土産ショップも併設されてました。
      また、行きたいなと思います?(*^^*)
      | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      今日も営業です
      0
        今日もブラヴーラはいつもの様に営業してます(^_^*)。


        画像は、

        南イタリアツアーでの、ナポリの朝。
        | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        帰ってきました( ^ω^ )
        0




          ただいま!



          旅の仲間にたくさんのありがとう!

          明日の夜から営業しますので、

          良かったらふら〜っといらしてください(^ω^)
          | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          6/7〜6/14までイタリアへ行ってきます(^ ^)
          0
            6月7日から14日までイタリアへ行ってきます(*^_^*)



            その間と15日のお昼はお休みです。

            15日の夜にお会いしましょうね(*^_^*)
            | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            6月2日は、イタリアワインの日と、イタリア共和国記念日。
            0
              今日は、土曜日。 ブラヴーラは土曜日が暇だったりします。 今日はどなたがふらっといらしてくれるのかな。(*´-`) 昨日はイタリア共和国記念日と、イタリアワインの日。




              王政の時代は終わって、共和制の時代へ。

              1人の力だけでなく、皆の力へ。


              イタリアが私にとって、魅力的に見えるのは、

              イタリアにある20州が自分たちの個性を主張して、それでいて全ての州の良さが生きて、

              一見バラバラの事をしているように見えて、1つにまとまっている所に私はメロメロなんだろう。

              イタリアの方々の必要以上にお互いを褒め合うところも、大好き。
              カッコイイね、可愛いね、綺麗ね、優しいね、頼りになるわ、
              いつも美味しいカッフェありがとう、
              美味しいお料理ありがとう、
              ワインもありがとう、
              言われて嫌じゃない、
              むしろ嬉しい。


              もっと笑って、ハグして、キスして笑 素直。これに関しては、性格や人にもよるかもしれませんが、、、笑) 良い事は、
              口に出そうって思わせてくれた国、イタリア。
              私の悩みなんて、たかがしれたものと思わせてくれたのもイタリア。
              白か黒しか答えの無かった私にグレーを教えてくれたのもイタリア。
              だから、昨日はイタリアに感謝(*´-`)。 大好き、イタリア。 出逢えて良かった。
              きっと、これからも貴方のおかげでもっと楽しくて豊かな人生になっていくと思います。

              | La vineria BRAVURA | storia お話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ありがとうございました
              0
                6周年のゆる〜いイベントにご参加頂いた皆様ありがとうございました(^_^*)




                今回、お料理はコルマータさんにお願いしました。
                ご好意でありえないボリュームと品数。
                ありがとうございました。

                https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27066329/top_amp/




                7年目もよろしくお願い致します。


                <
                | La vineria BRAVURA | storia お話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                6周年イベント(^_^*)
                0
                  詳細 すでに1ヶ月も過ぎてしまいますが4月25日を持ちましてブラヴーラは6年を迎えることができました。 6年というのも大きな区切りでもないし、ミコと2人でバタバタやってるのでイベントできないなと思ってましたが多くの方々に『周年イベントしぃひんの?』という嬉しい言葉を頂戴しました。 というわけで簡単ではありますが下記の日程でお待ちしています。 時間が少しでもございましたらお越しいただいて1杯でも乾杯できれば嬉しいです。 食べ物なしでは寂しいので昨年に引き続いて信頼の置ける料理人に『ワインの飲めるお弁当』をお願いすることにしました。 今年は『コルマータ』の川上シェフ。 僕と同じ、ヘンリー出身の旨いもんこさえる友人です。 昨年より内容濃いものをやりますよ。 予約のみ! なんと1500円! 他には食べ物ないので良かったら皆さん、是非、予約注文して、それを突っつきながらワインをキャッシュオンで楽しんでください。 時間は18時開始で日付が変わる頃までやろうかと思ってます。 日時:5月27日(土)18時〜25時頃 会費:ワインキャッシュオン    ただし『ワインのあて弁当』は1食あたり1500円です。     自由な時間に来て、自由に飲み、食べ、しゃべって好きなタイミングでお帰りください(笑) *弁当の予約期限は5月21日中までです。  希望者はコメント欄に希望数を記入してください
                  | La vineria BRAVURA | storia お話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  キァンティって付くワイン
                  0


                    キァンティ って知ってる!

                    よく言われます。

                    でも、意外とキァンティ、キァンティ クラッシコの違い、

                    キァンティルフィナの違い、


                    なんなら、キァンティ クラッシコのサブゾーンなんて知られてなかったりしますね。


                    飲んで感じてもらえればな、、と思います(^-^)

                    さ、ブラヴーラは今日も営業です。
                    | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    キァンティ ルフィナって?
                    0
                      私のメモ。


                      キャンティじゃないよ、キァンティだよ。って、話を先週したな。

                      2年前に、キァンティ クラッシコ、キァンティ ルフィナの試飲会へ。 そこで、出逢ったキァンティ ルフィナ。 まだ、輸入元さんが決まってなかった。 そのワイン、輸入元さんが決定して、日本に入って来てます。
                      折角なので、コローニョレのルフィナの話のまとめを。



                      Cesareさんと。パシャり。

                      【コローニョレ社】
                      ルフィナは、標高は高い。 冷涼で夜はかなり涼しい。 年々暑くなってきたので、以前より熟した葡萄が取れる様になっているのが、最近の傾向。



                      涼しすぎて、熟さない年もあったそう。 生産者さんご自身は、過熟した葡萄はあまり好きでないと語る生産者さん。




                      高所がデメリットとも言われるけども、弱いや薄いなんて表現しないでほしい。 エレガントでストラクチャーのしっかりした、酸味が特徴的な、 料理をしっかり欲するワイン。



                      フルーティさと、エレガントさを持ち合わせ、葡萄に無理をさせない造り方。 フェノールが完熟するサンジョベーゼのクローンをチョイス、房が小さく育つものを探したそう。



                      収量を抑える事で、葡萄の内にあるミネラリティを表現。


                      粗野なサンジョベーゼは、マセレーションは出来ないので、そうでないサンジョベーゼを選ぶ。


                      これから更に良くなっていくと、造り手さんは語る。

                      さて、ルフィナのお話。
                      ルフィナってなんでルフィナなんだろう?


                      13から14世紀にこの地に、サンタルフィナという女性がおられたそうです。

                      この女性がこの地で亡くなってしまいましたが、彼女に敬意を表して、この地の名前をルフィナや、運河の名前をルフィナと名付けました。

                      こうしてキァンティ ルフィナと、名乗られる様になりました。

                      ワイナリー名のコローニョレ(コロニョーレかと思いきやコローニョレでした) ですが、


                      それは17世紀〜18世紀のお話。 このルフィナの地域はこのエリアの他の地域とは少し違いました。 オリーブの産地でした



                      そのオリーブからオイルを作るときに、いくつもの層になった何枚もの石で、 オリーブを挽きます。


                      その何層もの石からオリーブオイルが滴り落ちる様子を コラーレと言います。


                      名前が変化して、コローニョレになり、 ルフィナの地に、コロニョレ イン パラッジョという場所もあったりと、 語源を聞いてみると、出るわ出るわ、深い深い話。






                      ルフィナとリゼルヴァの違いのお話も。 【ルフィナ】 まずは、同じサンジョベーゼでもクローンが違う。




                      もちろん樹齢も違います。 10年から13年、20年〜25年の樹齢の葡萄をブレンド。 10日〜13日のマセレーション、12ヶ月瓶熟。


                      【リゼルヴァ】 15年〜20年が大半を占める。 3つの畑から 18日から20日マセレーション。 2年瓶熟。

                      ここで、この地にシラーを植えている理由も。 標高500mの地でシラーを栽培するので、エレガントで綺麗に育てれるからだそう。

                      サンジョベーゼのクローンの話はまた今度。


                      | La vineria BRAVURA | storia お話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |