無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
植松将太さんチルコロ。
0
    昨日のチルコロご参加頂いた皆さまありがとうございました^ - ^



    今回は植松将太さん。
    オピュームさんや、イルカントデルマッジョさん、イルデジデリオ オルタッジョさんでの職歴をお持ちでした。


    今回は、ワインから決めてください!と、ご依頼を受けましたので、

    自由に決めました。 自由とはいえ、野菜を使ったお料理を得意とされると聞いておりましたので、




    【春先に春の食材を使ったお料理と飲むと、ついついあっという間に1本空いてしまうワイン】を6種類選びました^ - ^。

    ミュラートゥルガウや、ヴィオニエなどのイタリアの土着品種ではない葡萄から作られたワイン、チリでポピュラーなカルメネーレなど。
    ルケというアロマティックな葡萄品種もチョイスしました^^ さて、迎えた当日。

    乾杯は、ミュラートゥルガウのスパークリングワイン(チェンブラ社)。 雪もチラつくまるで春とは程遠い中、 しっかり冷えたスパークリングワインで乾杯しました。 ポカポカ陽気が気持ち良い、もう春はそこですね。なんて、言いながら乾杯したかった。笑

    お料理は、


    キャベツのムースにシュー、芽キャベツのフライに、オリオ ノヴェッロ をパウダーにしたもの。キャベツがテーマですね。 客席からは、 『キャベツ!すごいキャベツ!』と、聞こえてきました笑 そして、2品目。


    鶏のテリーヌと、黄人参にターメリックを加えたピューレ、紫人参のピクルスに人参葉の素揚げ。少しの岩塩。 メニュー名の通り、 人参がテーマのお料理。*´?`*)


    こちらには、エスト!エスト!!エスト!!!ディ モンテフィアスコーネ DOP (アンティカ カンティーネ レオナルディ社) このエスト!エスト!!エスト!!!ディ モンテフィアスコーネ もうシャバシャバだなんて言わせない。
    凝縮感を持ち合わせた 丁寧に作られたエスト!エスト!!エスト!!!ディ モンテフィアスコーネです。
    名前が長い!でも、略さない! このワインを飲んだ時に、植松さんは このお料理をイメージしたそうです。 さて、お次のお料理。

    玉ねぎをテーマにした 鰆とプッタネスカ ビアンカ をリガトーニで。 プッタネスカは、トマトソースを使いますが トマトソースの代わりに玉ねぎを一度蒸してからソースにしました。 玉ねぎ、アンチョビ、ケイパー。 玉ねぎの炭を一緒に。 こちらには、モンフェッラート ビアンコ DOC (ルカ フェラリス社) 葡萄は白い花の様なニュアンスを感じる ヴィオニエ。

    そして、マルケ州でヴェルディッキオに並び、有名なビアンケッロ で作られたワイン。
    ビアンケッロ デル メタウロ DOC。 (テッラ クルーダ社) さて、最後のお料理。 仔羊のポルペッティに葉牛蒡のスフォルマート。

    仔羊は肩ロースを使い、網脂で包む。
    このお料理と楽しんだワインは、 ヴェネト ロッソ IGT カルメネーレ ピゥ。
    このワインを、選びながら 新牛蒡など根菜を思い浮かべてましたので、 メニューが決定した時にズバリ!だなと思い、ワクワクしました。
    この時に、もう一種類お出ししたワインですが、 ルケ ディ カスタニョーレ DOCG (ルカ フェラリス社)。 これは、私の中でもやや冒険。 バラなどの香りのあるアロマティックな葡萄品種。 植松さんは、何を合わせられるのかも興味津々でした。 結果は、、、
    チョコレートのムースでした。 フランボワーズのソース。 ピスタチオのチュイル、 チーズのスポンジ。 フルーツはイチゴ。
    チョコレートのムースに少しのベリーの要素が加わると、香りの要素がお互い生かし合いました。 この、ルケは まだまだ注目していきたい葡萄品種です。 では、今後の植松さんの展開をお楽しみに!




    次回のチルコロは2月27日です(*´?`*) 19:30より、残り半席です。
    | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    先日の・・・
    0





      先日の、コルマータ 川上 直人シェフをお招きしてのチルコロにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

      〜シェフ経歴〜

      1999年 梅田のヘンリーに勤務 この時井口さんと出会う。

      2000年 カンパーニア州のQUATTRO PASSIで約2年間勤務。休暇を利用して南イタリアを中心に周遊。

      2005年 奈良県のマガジーノでシェフとして勤務。

      2009年 天満橋VINO BAR DUEでシェフとして勤務。

      2012年 梅田COLMATAでシェフとして勤務。

      2016年 現COLMATAをオープン




      ↑トルタノ

      カンパーニア州のネラーノで修行されたシェフに、

      今回はインスタ映えしない、色の無いお料理をお願いしてました^ - ^



      ↑前菜盛り合わせ


      色無いですか?
      意外とインスタ映えしてますね。

      美味しさは隠れませんね。



      当日
      魔女みたいやなーと言いながら、
      仕込む姿。

      カリフラワーのパスタ

      事前にコルマータさんでワインと、お料理を事前にしっかり食べ合わせしました。



      メインディッシュのサルシッチャも。
      この時は、豆を炊いたものでしたが、当日はお芋です。




      ワインも本当は、
      カンパーニア州のみでいこうかと思いましたが、プーリアの生産者さんが来られた事もあり、

      プーリアのワインも入れて、
      南イタリアしばりでした。


      しっかし、
      シェフが修行したネラーノ近郊のワインを折角なら御用意したいなと思いましたが、まさかの、、、




      日本に、その辺りのワインは入ってきてないんですね。


      カンパーニア州のワインはたくさん入って来ているので、少しびっくりしました。



      カリフラワーのパスタミスタはクッタクタに原形なく。これが皆さん、大好評。




      メインディッシュのサルシッチャの準備も着々と進みます。


      カンパーニアでは、
      フリアリエッリを使いますが、
      今回は青菜4種類で。


      これが、あるのと無いのでは合わせるワインも変わります。

      食べ方のレクチャーもお伝えして、
      お客様達にも喜んでいただけた様に思います。








      ドルチェにはパスティエーラ。
      リモンチェッロも一緒に。


      皆さん、結構お腹いっぱいの様にも思いましたが、別腹でぺろりでしたね。







      前菜と共に

      ?フレグレオ カンパーニア IGT  (フェデリチーネ モンテレオーネ社) 

      生産地:カンパーニア州ナポリ県ラーノ ディ ナーポリ  葡萄品種:ファランギーナ 100%

      ?ラクリマ クリスティ デル ヴェスヴィオ DOC(マストロベラルディーノ社)

      生産地:カンパーニア州アヴェッリーノ県アトリパルダ   葡萄品種:コーダ ディ ヴォルペ100%









      カリフラワーのパスタと共に

      ?カンパーニア IGT フリッツィ(フィラドーロ社)

      生産地:カンパーニア州アヴェッリーノ県ラ−ピオ  葡萄品種:フィアーノ100%

      ?ドゥオデーチム サレント IGT(ロマルド・グレコ社)

      生産地:プーリア州レッチェ県セクリ   葡萄品種:ネグロアマーロ100%










      サルシッチャ共に

      ?ラクリマ クリスティ デル ヴェスヴィオ DOC(マストロベラルディーノ社)

      生産地:カンパーニア州アヴェッリーノ県アトリパルダ   葡萄品種:ピエディ ロッソ100%

      ?ニグラサレントIGT(ロマルド・グレコ社)

      生産地:プーリア州レッチェ県セクリ   葡萄品種:ネグロアマーロ100%


      次回のチルコロは、

      2月27日決定です^^

       

      | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      1月28日(日)コルマータさんとのコラボチルコロ
      0
        28日(日)12:00から開催のコルマータさんとのコラボの会 川上シェフとお料理とワインの最終確認。

        良い感じです。




        が、なんと・・・【一席だけ】空きが出ました。 早い者勝ちです。

        ヨーイドン。

        ご予約をいただきました皆様、どうぞお楽しみに(*´-`)

        | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        1月28日12:00からチルコロ
        0
          今日15:30から17:00までのミコが話すワイン会は、フリウリ=ヴェネツィア ジューリア州がテーマです。

          (ランチとディナーはいつもの様に営業してます)


          おかげさまで満席です^_^ 来月は、月末の土曜日24日に開催出来ればなと思ってます。

          あと、今月のチルコロ(サークルという名の他のお店のシェフとのコラボの会)は、
          コルマータ 川上シェフとコラボします。

          1月28日、珍しく【日曜日のお昼】からの開催です。 お早めのご予約をオススメしております。

          | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          先日のボンヴィラージ オゼ 吉田 真彦さんをお招きしてのチルコロ。
          0

            先日は、ボンヴィラージュ オゼのスーシェフ 吉田 真彦(通称 マッチ)を

            お招きしてのチルコロにご参加頂いた皆様ありがとうございました(*^^*)

             

             

             

            今回は、もともと洋食料理をされておられたという吉田さんに、

            フレンチの 料理人が作る本気の洋食を作っていただきました。

             

             

            『大学生時代 洋食屋さんにバイト。もともと料理には 興味がありましたが、これを仕事にしょうと思い,大学卒業後も
            その洋食屋さんに雇っていただきました。なので、就活した事ないんです。それは、香川県でした。
            その2年後、実家に帰って来てホテルのバンケットに勤務。約5年です。

            ボンヴィラージュ オゼのオープンと共にお世話になっています。もう13年目です。』と、

            お話する本日のチルコロの料理人さん、



            ボンヴィラージュ オゼ スーシェフ 〈吉田 真彦〉さん。

             

             

            じゅジュじゅじゅじゅじゅ13年!

            私なんて、たかが6年。

            で、ピーピー言ってたらあきませんね

            お店をオープンしたらずっと続けていかないといけないのだから、

            雇われてるときも続けることが修行の一環だと思ってます。

            上の画像は

             

             

             

             

            お料理とワインはこちら。

             

             

            ◆茶美豚のパテ レモンのコンフィチュール
            夏野菜・パルマ24ヶ月の生ハム トマトのグリッシーニ

             

             

             

             

            ◆泉州産玉葱のポタージュ ウズラの温度玉子
            カリカリベーコン チーズのチュイル 黒胡椒

             

             

             

             

             

             

            ◆洋食屋のハンバーグ デミグラスソースと焼きリゾット

             

             

             

             

             

            ◇ヴィーノ スプマンテ ブリュット (チェンブラ社)
            生産地:トレンティーノ州トレント自治県

            葡萄品種:ミュラー トゥルガウ 100%
             


            ◇マイアーナ ビアンコ サーリチェ サレンティーノ DOC(レオーネ デ カストリス社)
            生産地:プーリア州レッチェ県 葡萄品種:ヴェルデーカ100%
             

            ◇ファイブ ローゼズ サレント IGT (レオーネ デ カストリス社)
            生産地:プーリア州レッチェ県 葡萄品種:ネグロアマーロ90%・マルヴァジーア ネーラ10%


            ◇ピノ グリージョ  ラマート IGT (アテムス社)
            生産地:フリウリ ヴェネツィア ジューリア州ゴリツィア県 葡萄品種:ピノ グリージョ100%

             

            ゥ疋襯船Д奪 ダルバ ランゲDOC (GDヴァイラ社)
            生産地:ピエモンテ州クーネオ県 葡萄品種:ドルチェット 100%

            Ε機璽螢船 サレンティーノ DOC (レオーネ デ カストリス社)
            生産地:プーリア州レッチェ県 葡萄品種:ネグロアマーロ90%・マルヴァジーア ネーラ10%



             

            まず最初に会を開催する前に、料理名を聞きました。

            前菜には

            コレとコレ、

             

             

             

            メインディッシュにはコレとコレ。

            そこからイメージするワインは、 スープ、、、

             

             

             

            たまごを使ったお料理は、ワインを決めるときの私の中の永遠のテーマ。

            定番なら、アレやコレを合わせるけど、、、どうしよう。

             

             

            1つはまずは南イタリアのロゼにしよう、、、

             

            そう決めた後に、 もう1つはあまり知られてない北イタリアのワイン、

            ラマートも入れようと思いました。

             

            まだまだ知られていないラマートを皆様に体験していただきました。

            ちなみにこのスープはそのまま楽しんだり、

            チーズとベーコンを割り入れて 混ぜ合わせて、

            カルボナーラの様に楽しんでくださいとの事でした。

             

            このベーコンを食べた瞬間、皆様ベーコンのイメージが変わったかの様に、

            口々に美味しい!!を、連発。

             

             

             

            美味しかったことは、もう十二分に伝わってきました。

            チーズとベーコンスープを口に含むと、ロゼワインと合い、

            あえてベーコンを小さくしてスープと楽しむとラマートと合うなど、

            皆様のご意見お聞きする事が出来ました。

             

             

             

            メインディッシュのハンバーグ、ボンヴィラージオゼさんへ、試食に行きました。

            お料理の材料や調理法を聞いたときに、

            このワインとこのワインをこんな比較しながら楽しんでもらえると いいなとか、、、

            妄想は膨らみました。 ほぼラインナップを決定に近づけてから、

            ハンバーグを試食しました。

            5日間かけて作られたデミグラスソース。

            よし! ワイン確定。

            この焼き加減も、形成作業もプロって、職人さんって、すごい・・・

            と開いた口がふさがらなくなるような作業風景でした。

             

            空気を抜きながら、形を整える姿なんて、

            手の中にそれは一体何が入ってるんですか?!と

            聞きたくなるような技でした。

             

             

             

            そして、デザートがサプライズで登場。

            カキ氷。

             

             

            もうね、カキ氷って表現していいのか

            分からない様な 洗練されたカキ氷が出てきました。

            桃とバジルにカキ氷。 カキ氷、桃の自家製シロップ、

            再びカキ氷、桃シロップ、桃のエスプーマ、バジルで更に清涼感をプラス。

            皆様、喜んでいただけたようです。

             

            スタッフの川口さんとの共同作業。

            皆様〜どうぞーーと声をかける様子。

             

             

             

             

            今回、 ご参加頂いた皆様ありがとうございました(*^_^*)

             

             

             

            | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            プーピさんとコラボ。
            0
              昨日は、 トラットリア ダ プーピさん 軒原 佳子さんとの コラボのワイン会(チルコロ)でした。

              https://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27094342/
              ご参加頂きました皆様ありがとうございます。
              今回はルッカの家庭料理でした。 ちなみに、ルッカの場所はココです。

              ピサの少し北だと、佳子さんは説明しておられましたね。
              今回、プーピさんとのチルコロ開催が決定した時に、 私はヨシコさんのお料理を実は食べた事がありませんでした。 軽く味見をさせてもらいましたが、 私としては、その方が作るお料理を1皿も食べたことが無いのは、 モヤモヤします。 お料理にワインを考える、、、大体イメージは出来るとはいえ、
              どなたのお料理を何度食べても、ワインを合わせるなんて簡単なことでは無いので 一度もその方が作るお料理を食べていないのは、全く納得いかないなと感じたので、 開催が決定した時に、食べに行こう!と決めました。
              もちろん当日のメニューでなくても、 他のお料理を頂くだけで、 ワインの方向性のイメージも膨らむだろうと思いました。 と、思っていたのに、ヨシコさんは同じメニューを提供して くださいました。 そのお料理を食べた時に、 野菜の味わい、豆や穀類の味わい、お肉と松の実、素朴なトマトのソースの味わい、 素材本来の味わいの生きたお料理ですので、これらが引き立つワインにしようと思いました。 今回、佳子さんが作ったルッカの家庭料理は、 まずは前菜盛り合わせ。

              お野菜のインパデッラに、

              人参のスフォルマート、 鶏レバーのクロスティーニ フェーガトです。 フェーガトも、凄くシンプルに作られています。 トリッパ アッラ フィオレンティーナ。

              甘さを感じます。 このジャガイモのペーストが初体験の食感。 余分なものは一切入らず、塩のみ。 そして、5種類の穀物という意味のスープ ひよこ豆や白いんげん豆、レンズ豆、カルチョーフィ、アスパラ、ファロ、空豆など。 チンクエチェリアーリ。


              そして、ルッカのポルケッタ。





              ポルケッタの中に、あばらの中落ち部分をそぎ落としたミンチ肉や松の実が入っているのが
              ルッカのポルケッタだと話す。 パプリカのスフォルマートが添えられ、 ソースはトマトと野菜の滑らかなソース。
              ご用意したワインはこちら。

              佳子さんは会の最初に、 お話は得意なの。と、話し始めてくれました。 お野菜を食べない佳子さんの子供さんが、 ルッカの野菜料理はバクバク食べるから、 こんなに食べるなら、 私も作れる様になる!と、お料理を習い始めたと言っておられました。

              子供を思うお母さんの愛でした(*´?`*)
              私は修行に行ったわけではなく、 ルッカの家庭の味を教わったと言っておりました。 ルッカドコドコのマンマ〇〇さんが、もう引退してるから前菜を教えてもらおう、 や、◯◯さんにはパスタを教えてもらおうなど。 だから、私が出来るのは、 ルッカで皆が毎日食べてる家庭料理なの と、話すヨシコさん。 お店の名前、プーピって大親友の名前。 そんなお話も交えながら、 皆さんの雰囲気は温まっていきます。

              で、ずっと話し続けたヨシコさん笑 皆さんから、誰が料理盛り付けているの?と疑問が。 今回は、お手伝いで占部さんも一緒に。
              ヨシコさんを叱りながら、、、笑 この2人のやり取りはちょっとした漫才の様な やり取りで見てて楽しいですね(*^^*) そして、特別にデザートもご用意しておられたヨシコさん。
              このチョコレートのタルトが、見た目はしっかり。 でも、軽いのでたっぷり食べた後にも食べれてしまう。 エスプレッソや食後酒と共に。




              あとは、ヨシコさんがふと漏らした占部さんへの愛情。 この子のワインの好みは、凄く私と合うの。 だから、言い方を変えると私の枠からは出ないの。 それを聞いた時に、 プーピさんで扱って無いワインで切り口の違う、なおかつお料理の良さを引き立てる ワインにしよう。 と、思いながらワインをチョイス。 実際にお料理とワインを合わせて食べて飲んでみましたところ、 ヨシコさんも占部さんも料理とワインの相性を いい!面白い!と感じて頂けたご様子。 ホッ。
              | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              高麗橋 桜花さんとコラボ
              0

                先日の、日本料理 高麗橋桜花 店主の森田 龍彦さんとの チルコロ

                (気軽な料理とワインの会)ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。

                 

                 

                今回は、4品でのご提供でした。

                そこにお酒は大人の遊び場と表現する

                森田さんの遊び心という名の

                【仕掛け】が、用意されてました。

                 

                では、前菜と2種類のワイン。

                 

                【千葉県産 鰹の炙り 春の香りのサラダ】

                【新玉ねぎのすり流し】

                 

                 

                森田さんは、春の山をイメージしたと説明。

                 

                赤みず、木の芽、セリ、わさび菜、ミニ大根、コシアブラ、こごみかと思っていたら雁足。

                ドレッシングはポン酢ベース。鰹は塩をふり炙る。

                ここで仕掛け 鰹だけかと、思ったらマグロの稚魚、新子を混ぜる。

                 

                鰹の鉄分と、鉄分の少ない新子とランブルスコの相性を比べながら楽しんで頂く。

                実際、マグロは鰹の3分の2程の鉄分。

                 

                ワイン1と、山菜、鰹、スープはそのままで充分ばっちり合います。

                山菜の苦味・青さ、爽やかな香り、ワインも山菜も両方が生き生きしました。

                春の山と春のワイン。 さて、ランブルスコとの相性は、、、。

                ◆ノヴェメンティ ビアンコ サレント IGT(メンヒル社)
                生産地:プーリア州レッチェ県
                葡萄品種:ヴェルデーカ50%・マルヴァジア 50%
                ステンレスタンク内発酵・熟成
                ◆コンチェルト (メディチ エルメーテ社)
                生産地:エミリア ロマーニャ州モデナ県
                葡萄品種:ランブルスコ サラミーノ
                ステンレスタンク内にてシャルマ方式

                 


                 

                 

                 

                 

                ここで仕掛け▲后璽廚魯宗璽垢世箸い森田さん。

                スープを口に、サラダを口に、そして鰹を。

                そこへランブルスコを流し込む。

                スープは、お水と昆布出汁、玉ねぎ、煎った松の実と山椒のオイル、

                仕上げに素揚げした白ネギをあしらう。

                美味しい。

                 

                 

                そして、仕掛け このサラダに苺が添えられてました。

                苺、山菜、鰹 そこへランブルスコを。

                 

                 

                すると、感動! 苺+山菜+鰹+ランブルスコ=感動

                 

                の公式が生まれました。

                 

                ランブルスコが好きだという森田さん。

                苺は、当日に思いついたそう。 しかも、苺にも仕掛けを。

                これは、また桜花さんで聞いてみてください(*^_^*)

                 

                 

                 

                さて、私テンション上がってました。とても。

                2品目と合わせたワインのお話にうつります。

                桜鯛の蒸し煮 スープ仕立て

                 

                 

                 

                ◆マレンマ トスカーナ DOC ブリガンテ ヴェルメンティーノ (サンタルチア社)
                生産地:トスカーナ州グロッセート県
                葡萄品種:ヴェルメンティーノ
                一部をトノ−樽で4カ月熟成
                ◆ロッコロ デル ドゥルロ ソアーヴェ クラッシコ DOC (レ・バッティステッレ社)
                生産地:ヴェネト州ヴェローナ県
                葡萄品種:ガルガーネガ100%
                ステンレスタンク内発酵・熟成 シュール・リー

                 

                朝堀の水間のたけのこに鯛のあらとあさりのだしで炊いた鯛。

                このお皿は春の海をイメージ。

                ワインも、苦味と塩味、旨味を感じるものをチョイス。

                ここで仕掛け 青ゆずをスライス。 これがあると無いとでは、大違い

                そのままで食べるとヴェルメンティーノと合う。

                たけのこの の苦味、あさりの甘みと苦み、青ゆずの青さと清涼感、

                海のミネラルと ワインのミネラルは、

                ソアーヴェクラッシコと合わせるビタビタに寄り添いました。

                 

                 

                 

                 

                 

                さて、メイン。 メインにたどり着くまでに感動が多くて楽しい。

                【犬鳴ポークの赤ワイン煮】

                 

                 

                 

                犬鳴ポークは 1日目 おからを使い脂抜き。

                2日目・3日前は、火を止め、寝かして、火を止め、寝かしてを繰り返す。

                香味野菜は、ネギ、玉ねぎ、干ししいたけ。

                濃口醤油に黒糖。 そして少しワイン。

                ◆ヴァルポリチェッラ・クラッシコ DOC (コルテ・ルゴリン社)
                生産地:ヴェネト州ヴェローナ県
                葡萄品種:コルヴィーナ・コルヴィノーネ・モリナーラ
                ステンレスタンク

                 

                ◆サーリチェ サレンティーノ (メンヒル社)
                生産地:プーリア州レッチェ県
                葡萄品種:ネグロアマーロ85%・マルヴァージア15%
                木樽熟成

                 

                まずお肉を口に入れ、ワインを口に入れる。

                うん、合う。

                お肉を噛み続けるとお肉から、

                出汁と肉汁と、肉の脂が染み出る。

                このタイミング。

                極上。

                 

                そして、

                 

                 

                仕掛けタ契胡のガリ

                 

                仕掛けΕΕ匹離團ルス

                仕掛けД献礇イモをバターソテー

                赤ワインとの相性がさらによくなりました。

                 

                 

                皆様、自然に赤ワインを追加オーダーが。

                料理とワインの相性の良さを物語ってくれてます。

                 

                 

                森田さんは、最後に 和食はA+B=A' +B' が基本なんです。

                素材の良さをお互いが引き立てる料理なんです。

                色んな要素を組み合わすわけではないんです。

                でも、今日は、A+B=Cと和食の基本とは違う事をしました。

                自分の仕込みと、並行して仕込んでたので、

                仕込んでる時は受けなかったら良かったかなーなんて思いましたが、

                 

                実際やってみると、 素敵なお客様に楽しく美味しく食べて頂けて、

                今日コラボさせてもらえて良かったと思います。

                 

                 

                と、じーーーーんと来るお話。

                皆様にも、森田さんにも楽しんで頂けたようで、

                本当に嬉しく思いました。

                 

                 

                 

                ありがとうございました^^

                | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                チルコロにご参加頂きました皆様、ありがとうございました!
                0
                  今日は、日本料理 高麗橋桜花の森田 龍彦さんをお招きしてのコラボ チルコロ。


                  また、後日チルコロの様子はアップします(^_^)

                  集合写真。

                  先にお帰りなられた皆様ごめんなさい。



                  明日はおやすみ頂きます!
                  | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  4月29日の最終打ち合わせ。
                  0
                    高麗橋桜花の森田さんをお招きしてのチルコロ ワイン会。

                    4月29日お昼の13:00より。


                    森田さんの料理の詳細を聞きながら、


                    テイスティングして、ワインを決定!


                    森田さんは、ワインに更に寄り添う様に、

                    とある方法を考えて頂けたようです(^-^)

                    乞うご期待!

                    そして、まだ数席ございます。
                    | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    先日のピティリアーノさんとコラボ
                    0

                      先日のピティリアーノ 小林 勉シェフをお招きしてのチルコロに

                      ご参加頂きました皆様ありがとうございます。

                      今回のお料理はこちら。

                      ○アクアコッタ、

                      サムライオイスターのクロスティーニ、

                      ほうれん草のトルティーノ


                      アクアコッタはその名の通り、水で煮たスープ。

                      水だけでこれほど美味しい。塩加減と素材の味わい、

                      卵をどのタイミングでつぶすか、 ペコリーノチーズの香り、と五感で楽しめるスープです。


                      サムライオイスターは最近よく耳にする牡蠣です。


                      ○ピーチ アリアータ

                      こちらは、ピティリアーノさんの定番のパスタ。

                      もちもちしたおうどんの様なパスタにシンプルな赤にんにくとトマトのソース。

                      もちろんソースもたっぷりのこちらは、

                      トスカーナパンと共に。

                      こちらも実は、お料理を事前にピティリアーノさんで食べた時に、

                      にんにくの香りと トマトソースの味わい、

                      そしてパスタの粉の味わいと塩味。

                      もうひとつのパスタはバッカラのカッペッロティ

                      そして、メインに
                      ○仔羊のブリオーネ

                      こちら実はピティリアーノさんのお店でのメニュー。

                      こちらに合わせたワインは、ミコもお店まで食事に行った際に食べ、

                      そっと後ろからついていく大和撫子の様な 相性に

                      したかったというのが私の思い。

                      料理に勝る味わいのワインにしない!

                      と今回は決めておりました。



                      ワインは、と言いますと。

                      サムライオイスターにはビールを


                      1.フィオーレ ディ マッジョ (サンジョルジョ ア ラピ)

                      2.フィオーレ ディ マッジョ(サンジョルジョ ア ラピ)


                      こちらは、両方とも5月の花と言う意味。 軽快な味わいが、

                      春の新しいイメージに合うことからこの名前に(^ ^) ラベルは、

                      歴史あるワイナリーがある地に敬意を払って、その地にある教会のフレスコ画を採用しているそう。

                      3.ナツィオナーレ (バラデン) ピエモンのクラフトビールメーカーのビール。

                      トリノにも、こちらのビールのお店がありますが、

                      人気も人気の大繁盛店でした。 こちらはサムライオイスターと共に。


                      4.イル カネット マレンマ トスカーナ DOC (マンテラッシ)

                      こちらは、サンジョベーゼ 100%のステンレスタンク内で発酵熟成。

                      カネットとは、この地で栽培されるイネ科の植物の名前だとか、、

                      アリアータを食べた時に感じたにんにくの風味が残るワインを。

                      シェフは赤にんにくを説明しておられましたが、

                      こだわったにんにくの風味が残るように。

                      5。ロザート チリエジョーロ( マンテラッシ)

                      こちらは、 料理名と素材、調理法を聞いた時にビビっと来たワイン。

                      最初から最後までぶれることなくこちらをチョイス。
                      豆をペーストにしたソースを添えるというお話から、

                      豆だと軽快な赤、、、でも、バッカラ、、、うーーーーん、、
                      は!ロザート♪ よし、これで! チリエジョーロは、チリエージョは桜の木とう意。


                      さくらんぼの香りや桜の香り、形や色がさくらんぼの様な ことから

                      その名前だとかそうでないとか、とある生産者さんは言っておりました。

                      チリエジョーロは、補助品種として使われることが多かった葡萄品種ですが、

                      こうして100%でロゼワインが作られるなんて、、と感動しております。
                      マレンマの土地で作られるこのワインはさすがのミネラル。

                      皆様、この相性が気に入ったという声を頂きました。

                      6.サンジュゼッペ モレッリーノ ディ スカンサーノ(マンテラッシ)

                      サンジョベーゼ85%、カベルネソーヴィニョン10%、チリエジョーロ5%

                      ちなみに以前にマンテラッシ社の方がいらした時の様子はこちらに。



                      モーロは黒いや濃いという意味で、リーノは小さいという意味、

                      モレッリーノ ディ スカンサーノは葡萄名だったようですが、

                      ワイン名に変わったなど。

                      こちらは 前述しました通り、

                      羊の後ろをそっと歩くイメージです。

                      優しいワインを合わせたい!と思いこちらをチョイス。

                      では、2月11日の夜に何かをしますよ〜



                      皆様、本当にありがとうございました(´-`)

                      | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |