無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
ルイージ・グッファンティをご存知ですか?
0
    昨日は、 ルイージ グッファンティ社 のチーズを プロの皆様にお披露目する会の会場として、ブラヴーラを選んで頂きました。


    画像は、セールスマネージャーのクリスティアーノ・チエリ氏

    ちなみにルイージ・グッファンティ社とは。

    〜ルイージ・グッファンティ社〜 ピエモンテ州の名門チーズ商。
    140年の歴史を持つルイージ・グッファンティ社は、国内各地の最高品質チーズを取り扱い、その多くを自社の(熟成庫)で熟成させて、販売しております。



    ブラヴーラ発信のイベントでは無かったので、今回は一般のお客様へのご招待はありませんでしたが、チーズとワインの会はとても魅力的だなと感じました。 GWにでもしたいイベントでした。




    この牛目線のタペストリーは私 ミコのお気に入り。なかなか、ないですよね。耳標までしっかり見えるアングル。

    チーズをそのままを試食して頂く形と、 チーズを使ったお料理もというご要望がありましたので、 今回はお料理は、【イル カミネット】の北村 シェフにお願いしました。

    ところでそのルイージ・グッファンティ社ではどんなチーズを取り扱っているの?そして、イルカミネット社の北村シェフが作ったお料理はどんなお料理??
    と、気になって頂けましたか? 気になって頂けてたら、シメシメです。
    全ては写真を撮れてませんが、、、
    お料理と合わせて説明しますね。 まずはサラダ。

    いちごは蜂蜜でマリネ。 ベビーリーフ 、菊菜、トレビス。 ここに

    【カチョカヴァッロ・ポドリコ・アッフィナート】。
    このチーズを単品で食べると野生的な香りやハーブの様な香りが際立っておりましたが、このサラダに入ると一体化。 なんなら、チーズ単体だとバジリカータ州の、アリアニコ デル ヴルトゥレが相性抜群だったのに、 まさかのシチリアの白や、ピエモンテのスプマンテが、ノンストップで飲めてしまうので不思議です。
    そしてカプレーゼ。


    モッツァレラの写真は綺麗に撮れなかったので使いません。
    【モッツァレラ ディ ブッファラ カンパーナ DOP】
    ワインはフェウディ ディ サングレゴリオ社の白ワイン フィアーノ ディ アヴェッリーノや、アルベンテと。無限ループです。


    ニョッキは、
    【アジアーゴ DOP サポリート】を練り込んだニョッキ。トマトとバジルにシンプルなソース。


    この後に、
    【フォルマッジオ アッロ ザッフェラーノ】を使ったリゾット リゾットの中にも入ってますが、 角切りにした【フォルマッジオ アッロ ザッフェラーノ】を上から。 食感を変えて楽しんで頂きました。 シンプルな味わいのリゾットに、 鼻腔に抜けるサフランと黒胡椒の香りが更にアクセントに。


    フレッチャロッサ社のリースリング リ オルティも好評でしたね。 ジャガイモのローストに
    【フォンティーナDOP】をトロッとかけたお料理。

    フォンティーナ自体は、ヴァッレダオスタで、フォンデュのチーズとして楽しんで頂けるもの。ハーブも塩も使わないシンプルなジャガイモは、フォンティーナチーズの味わいを存分に引き出してくれました。
    このお料理に合わせるワインは、ラトエヨ社のシャルドネとプティルージュもどちらも合う。ラトエヨ様様。
    【フォンティーナDOP】に関しては、チーズ単体でも、お料理としてもヴァッレダオスタのワインが相性抜群でした。

    メインディッシュは、ローストビーフ。

    ルッコラと【ラッテリア アル タルトゥーフォ】を使ったチーズをふんだんに。
    黒トリュフ入ったチーズです(*^_^*)





    折角なので、お料理に使ってはいませんが、他のチーズ達もご紹介。
    写真はありませんが、細い繊維質の生地の外皮の中に、 生クリームとルチーニと呼ばれる小さく切ったモッツァレラを混ぜたものが 入っている巾着型のチーズ。【ブッラータ】や、

    フリコと呼ばれるフリウリ ヴェネツィア ジューリアの郷土料理にも使われる 【モンタージオDOP】。

    10年保存が出来るといわれる熟成に適した【ビットDOP】。

    ヴァルッテリーナを流れる川の名前でもある。 この【ビットDOP】の歴史的背景が少し気になっている、私。

    水牛乳を使って作られる 【ロビオラ ディ ブッファラ】や、

    同じロビオラと名前がついても、こちらは牛、羊、ヤギ乳が使われるbr /> 【ロビオラ トレ ラッティ】。
    このチーズとワインの相性の話がまた面白かった。 フェッラーリ社のロゼスプマンテをどうか。や、プロセッコや、 しまいにはヴァッレダオスタのシャルドネ【ラトエヨ社】が素晴らしい相性を見せてくれたり。

    < 決して安くないチーズ
    【ベッテルマット】。


    バルバレスコ が、並んで歩くにはふさわしいワインでした。 お値段だけじゃなく、 なんと海抜2200mの高山の山小屋で作られるので、標高も低くない。 西暦1000年以前からの歴史あるチーズです。 【ウブリアーコ スペチャーレ 】

    いわゆる酔っ払いのチーズは、ヴェスパイオーラの絞りかすを使って作られます。マアジ社のアマローネとも合わせてみたいチーズでした。
    そして、昨日唯一のブルーチーズ【エルボリナート サン カルローネ】

    は、ほのかに感じるスパイシーな香りと、まろやかな味わいが、 ラトエヨ社 ヴァッレ ダオスタのモスカート?ジャルジー?と香りの要素の相性と熟成感が絶妙な相性でした。


    同じモスカートで、プラネタ社
    モスカート ディ パンテッレリアのモスカートも、

    糖度では、パンテッレリア、味わいの要素だと熟成の香りを感じれるヴァッレダオスタのモスカートと楽しんで頂けるチーズでした。


    もっと書けば長くなるので、今日は軽めにしておきますね。

    またブラヴーラ主催で開催出来る日があれば、、、


    と、夢見ておきます。
    日欧商事株式会社の皆様ありがとうございました(^_^)

    そして、イルカミネットの北村さんありがとうございました〜!

    お会い出来たお客様、またお会い出来る日を楽しみにしております。
    | La vineria BRAVURA | eventoイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    昨日のSagra di Sardegna
    0
      ご来店頂いた皆さまありがとうございます(*^_^*)

      昨日は、ブラヴーラがサルデーニャ州に染まりました。





      サルデーニャ在住のフジタトモコさん(通称 Tomokoさん)とTomokoさんがお料理を教わるカルメッラマンマが来日。


      Tomoko
      さんが出版する料理本はこちら

      Tomokoさんのブログはこちら





      カルメッラマンマは、
      私が作ってきたセアダスは皆食べないの?!と、興奮気味に話してた姿も印象的。食に重きをおく文化、とても素敵です。

      そのセアダス。
      ほんのり苦いヤマモモの蜂蜜をとろーりとかけて仕上がり。生地にはレモン、中にはチーズ。


      それを揚げる。




      丁寧に揚げる。



      そして、美味しいうちに食べて!とカルメッラマンマ



      美味しかったですね。

      食べれなかった方は、残念(´;Д;`)
      食後酒とも楽しめそうですね(*^_^*)

      さて、実は昨日は他にもサルデーニャからのゲストが!

      まずは、ブラヴーラではお馴染みの

      カリアリ出身の紳士的な彼!
      フランチェスコ!

      センスの良いイタリア語で書いたメニューを分かりやすく説明する。


      彼が作ったレバーを使ったお料理

      あっという間に完売。写真がないのが残念。





      そして、可愛くポージングするのは、フランチェスコのマンマ、

      アンナさん!

      彼女が作るサルデーニャの伝統的なタコの温前菜、人気でした





      実はフランチェスコのパパもいました(^_^*)




      そして、店内に素敵な飾り付けをしてくれたのはこの方、

      布のアーティスト Nanakoさん。


      サルデーニャで、教わった染織に関することや、その他にもたくさん展示しておられました。


      店内は、Tomokoさんが持ち込まれたサルデーニャのアーティストさんの作品と共に、飾っておられました。









      そして、ご近所のお店から参加して頂いたのは駆けつけて頂いたのは


      大阪 サルデーニャ料理といえば、こちらの2店舗!

      皆さまご存知の新町 ピンクフラミンゴのヨッシーさんと、

      北浜バールこにしの小西さん!



      シャイで口数多くない彼らは、カメラを向けるとこうなりました。笑



      お店もお持ち帰りがメインのヨッシーさんは、羊のハムをスライスする図。
      これからの季節に ハムやサラミ、チーズをお持ち帰りするならヨッシーさんのお店はこちら


      小西さんは終始シャイでした。

      唯一のカメラ目線だと話しますが、全くカメラ目線ではありません笑

      そんな小西さん、サルデーニャの詰め物パスタ 見た目も味わいも華やかなクルルジョネスは、カルメッラマンマのお墨付き!



      食べたい方は、北浜バールこにしさんへ。




      今回、コンテストも開催しました。
      一度目は、クルルジョネス。
      2度目はパナディーナ。





      大盛り上がりの2回とも。







      参加して頂いた皆さま、ありがとうございました(*^_^*)




      そして打ち上げ(^_^*)
      ワインは、サルデーニャのビールとワイン


      こんなに素敵な州だと、
      サルデーニャに恋してしまいそうですね。

      では、またの開催をお楽しみに。

      | La vineria BRAVURA | eventoイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      今週末の事ですが、、、
      0
        1月。 季節的にも寒いですがほかにも色々と寒いです(笑) というわけで(どういう訳やねん)、普段ブラヴーラでお出ししていないであろうアイテムをごっそり集めて皆で飲もうではないかというイベントを開催します。
        故にマリアージュは今回、無視です!(苦笑) 色々なタイプのものを1本ずつ御用意するので無理です! その代わりにとてもお得感のある構成にしました。 参加人数?1本は最低ワインを御用意します。 それらを少しずつ、楽しみましょう。 ただ、時間的にお腹も減るでしょうから簡単なポトフ風のお鍋もご用意することにしました。 期待しないでください(笑)素人レベル。 家でお母さんが作ってくれるような野菜+ウインナー+コンソメの鍋です。 少し遅めの新年会よろしく、鍋&酒で盛り上がりましょう。 もしかすると懐メロ大会になるかも(笑) 日時:1月28日(土) 12時〜15時(目安です) 会費:5000円(鍋+〆雑炊&税込み) 定員:12名最大 *6名に満たなかった場合は延期いたします。
        | La vineria BRAVURA | eventoイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        A e B の中田シェフとタルディーボの会!(^_^)
        0
          先日は、RRTTの会にご参加頂いた皆様ありがとうございます。 垂水にある【A e B】の中田 智弘 氏をお招きしてのコラボ 2回目の開催です^ - ^ RRTTとは、 Radicchio Rosso di Treviso Tardivo です。 主に、ヴェネト州トレヴィゾ周辺のみで栽培される晩生種で 貴重な品種をTardivoと言います。(RRTTは井口が、勝手に略しているだけです。) 今回のお料理は、こちら! ?山鳩のコンソメと、タルディーヴォを使ったブータンノワール




          コンソメは1ヶ月熟成させた山鳩からのコンソメで、苦手な方は事前申告で神戸ポークのコンソメに(^_^*)

          ブータンノワールにはバルサミコと香味野菜のソースを。 ?タルディーヴォのインサラータ、24ヶ月熟成のパルミジャーノ レッジャーノとともに。

          上質なキャンティヴィネガーと。 ?タルディーヴォのリゾット、ペコリーノ ロマーノ
          カルナローリを使用し、ラグレインと鶏のブロード、玉ねぎ、バターとともに、芯が残るアルデンテの仕上がり。


          ?神戸ポークのアッロスト、グリルしたタルディーヴォのテリーヌ 白ポレンタで

          月曜の朝しめの豚なので、真空をかけておらず、柔らかい。

          ほら柔らかいやろと触らせてくれる。

          お塩はこだわりのサンジョベーゼ塩。
          ローマ法王献上塩とのこと。



          ?タルディーヴォのジェラート

          デザートまで、タルディーボ!

          おまけにタルトまで!タルトはシンプルなのに、美味しい。

          シンプルだから、美味しい?

          中田シェフのお料理だから、美味しいんですね(^_^) ?ラディッキオのフォカッチャ ワインはこちら? ◯ディ カミッロ …モンテプルチャーノアブルッツォ

          こちらは、以前に食べたブータンノワールには、私は白がイメージ出来なかったという事と、山鳩という所から、熟成した赤で乾杯。 ◯ チェッラーリオ …ランゲ ファボリータ

          インサラータに。
          苦味と甘味のあるお野菜ですので、

          苦味を感じれる葡萄品種ファボリータで造られるワインをぶつけ、更に甘さを引き出したいと思いこちらをチョイス。

          ◯カップチーナ …ソアヴェ
          タルディーボの産地のワインを選び、果実味が前面に出たソアーヴェではなく、ソアーヴェらしいミネラルが前に出たものを合わせたかったです。
          ◯ビゾル …ジェイオ ロザート

          まさかのここで、スパークリングワイン。
          メルローとピノネーロですが、タルディーボの甘い部分と、苦味の部分をしっかり咀嚼して、たまねぎやバターの甘さとオイリーさが相まって合うかなと思い、選択。 ◯ビゾル …タレント

          そして、最後のメインディッシュとともに。瓶内2次発酵のミレッジマート。 ◯アルチェスティ …イゾラ ディ プロフーミ

          こちらは、グリルしたタルディーボと白ポレンタ、お肉と脂身をしっかり口に頬張ってから、飲んで頂くと、

          良い感じに。

          お店まで荷物を取りに行き、せっせと運ぶ。

          そして、最初から最後までお手伝い頂き、


          お疲れ様会。




          熱く熱く熱く中田シェフが語り続けた事は、言うまでもなく(^_^*)




          皆様ありがとうございました!
          | La vineria BRAVURA | eventoイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ありがとうございました。
          0
            今日はイタリアの新酒ノヴェッロ20種類を楽しむ会、ご参加頂きました皆様ありがとうございました(´-`)

            2016年の葡萄とワインを堪能して頂き、楽しかった、美味しかったのお声もたくさん。

            何よりたっぷり飲んでたっぷり食べて楽しんでおられる皆様の姿に私は日々癒されてます?

            そんな皆さんが大好きです。

            ちなみに今日来れなかったけど、飲みたいなという方は、ミコセレクトで明日以降飲み比べが出来ますので、いらしてくださいね?

            画像は、今日たくさんの方々を楽しく幸せな気持ちへと誘った主役のノヴェッロ達。ノヴェッロ新酒とは思えないバランスの良さ!赤ワインって言ってもわからないかもしれない?!と、素晴らしい声を頂いたワインも。
            | La vineria BRAVURA | eventoイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ロゼろうぜ!
            0
              タイトル通り、ロゼワインを飲もうの会です。 5名集まれば、開催します。 5名からは、人数が増えればロゼワインの本数も人数分増やします。 なので、お誘い合わせ大歓迎。 お料理は持ち込みにしようかと思ってます。変更あれば、連絡します。 日時:10月29日(日) 17:30〜20:30 会費:3000円(税別) ロゼ飲もうぜ、ロゼろうぜ(^_^*)
              | La vineria BRAVURA | eventoイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              急遽開催!
              0
                ロンバルディア州オルトレポー・パヴェーゼよりイタリアを代表するピノノアールの作り手『テヌータ・マッツォリーノ』がブラヴーラに!! 今回、お出しするワインはイタリア固有のいわゆる土着品種ではなく国際品種と呼ばれる世界中で栽培、醸造されている品種を使ったものです。 シャルドネ100%の泡と白2種、ピノノアール100%の赤2種の計5アイテム。 『だったら料理もイタリアに固執しなくていいじゃん』と思った時に頭に浮かんだのが彼。 大阪南部、岸和田の名店『ボンヴィラージュオゼ』の西山晋シェフ。以前にチルコロに登場しましたがその味、ボリューム、そして演出で好評を得た料理人です。 ソムリエの資格も持つ彼に井口&ミコの知恵も加え、3人合わせて『文殊の知恵』で仕上げていきます。 この機会をお楽しみに、ぜひ!! 絶対に楽しいよ〜〜 日時:2016年10月11日(火) 19:30〜 料金:8,500円(税込) 定員:20名様
                | La vineria BRAVURA | eventoイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                初歩の初歩 ワインレッスン
                0
                  ◆これからワインを知りたい。
                  ◆ワインに興味があるけどどこで知れるの?
                  ◆ワインって難しいんでしょう?
                  ◆ワインは飲んでるけど、教えてもらった事がないから、教えて欲しいな。


                  と、思っている皆様にご参加して頂きたいのはこの会です。
                  タイトル通り、ワインを少し理解したかの様な気持ちになれると思います。

                  ワインは難しくありませんが、
                  とても奥深く、知れば知るほどその魅力にメロメロです。
                  そんなワインをゆっくり少しづつ皆で楽しく知っていきたいと思ってます。

                  更には、ワインって敷居が高そう…とお思いの方にも気軽にご参加頂けます様に、参加費はワイン2種類とブラヴーラ ソムリエール 湯浅 美保(通称ミコ)のセミナーが付いて2500円です。

                  しゃべり場の様な雰囲気で緊張せず、和気あいあいとお過ごし頂ければと思います。
                  【勉強になった!】ではなく、【色々知ることが出来たし、めっちゃ楽しかった〜】と、帰っていく姿を嬉しく思っております。


                  終了時刻の17:00になり、もっと飲みたい、何か食べたい!という方は、そのまま追加のお食事とワインをご注文いただけます。


                  日時:9月24日(土) 15:30〜17:00
                  会費:2500(ワイン2種類 +セミナー)
                  持ち物:ワインを知りたい!という気持ち。筆記用具は、あれば便利という程度。

                  お誘い合わせも大歓迎です^ ^

                  ※開催5日前から、キャンセルの場合、全額頂戴いたします。ご理解くださいませ。

                  最低催行人数5名です。
                  | La vineria BRAVURA | eventoイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  テヌーテ ルビーノ社
                  0
                    テヌーテ ルビーノ社 のワイン。

                    ススマニェッロって、葡萄品種、

                    中々覚えれない、でも美味しいって話を繰り返しつつ、

                    日曜営業は、幕を閉じました???

                    参加された皆様ありがとうございました。

                    では、また明日以降に。
                    | La vineria BRAVURA | eventoイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ブラヴーラ イタリアツアー!
                    0
                      えーー、

                      と、いうわけで、(どういうわけだ)

                      【ブラヴーラの2人と行く 北イタリアツアー】

                      一緒に行きませんか?

                      11月中旬から、おおよそ一週間ほど。

                      イタリアに行った事ない方はこの機会にご一緒に(^_^)

                      行った事ある方も楽しめる普段のツアーとは一味違う旅行になるはずです。

                      では、受付を開始致します。
                      半数以上が埋まってきております。
                      | La vineria BRAVURA | eventoイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |