無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
良かったね、トレッビアーノ ディ ルガーナ
0
    白ぶどうで気になる(好きな)葡萄品種は?



    『トレッビアーノ ディ ルガーナです。』って、答えてた5年程前。


    当時は2種類くらいしか飲んだ事がなかったトレッビアーノ ディ ルガーナで造られた白ワイン。ガルガーネガと混醸されていた葡萄。

    『100パーセントで造られるワインは、密で凝縮感があって、全く水っぽさを感じないワインが出来上がるんです。』と、必死で力説。

    スパークリングワインが造られるなんて。

    最近は、お客様からも

    ルガーナにハマってる、ルガーナ好きだなんてよく聞きます。



    応援してたインディーズバンドがメジャーデビューした気持ち。

    | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    聖なるワイン
    0
      昨日もありがとうございました。 画像は、上質なヴィンサント。 この造り手さんモンテラポニ社のワインは、 通常の白ワイン、赤ワイン、ロゼワイン、どれもお客様に喜んでいただいてます。 の造り手さんが手掛けるヴィンサント。 楽しみですね。 嗜みたい方は、ぜひともいらしてくださいね。
      | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      サルデーニャの北
      0



        ヴェルメンティーノ ディ サルデーニャではなく、


        ヴェルメンティーノ ディ ガッルーラの


        スプマンテが作られていたんですね。

        | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ソアーヴェもスパークリングワインも。
        0
          ソアーヴェキャンペーンも、








          関西スパークリングフェスhttps://love-wine.jp/wineevent/osaka/sparkling-fes-kansai/




          始まってます。

          | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          やっぱり好きだな。
          0

            先日、試飲したワイン。



            この小さなグラスでこんなポテンシャルなら、



            大ぶりのグラスで楽しんだとしたら、、。







            1つの角度じゃなくて、たくさんの角度からワインに触れるのが好きです。



            妄想が膨らみます。


            | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            キァンティって付くワイン
            0


              キァンティ って知ってる!

              よく言われます。

              でも、意外とキァンティ、キァンティ クラッシコの違い、

              キァンティルフィナの違い、


              なんなら、キァンティ クラッシコのサブゾーンなんて知られてなかったりしますね。


              飲んで感じてもらえればな、、と思います(^-^)

              さ、ブラヴーラは今日も営業です。
              | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ミコが話すワイン会
              0
                第3回 開催します。 日程:5月27日(土)15:30〜17:00 会費:2500円(ワイン 2種類と お話) ※ブラヴーラのイベントですが、開催5日前よりキャンセルの場合、全額頂戴しております。ご了承くださいませ。 尚、17:00以降にお食事する予定の方は、事前におっしゃってくださいね。 少しづつ、イタリアワインの事をお伝えしていければいいなと思ってます。 アレやコレを飲んで知ろう!の会です^ - ^ その土地の事も少し知れるかもしれないです。 ワインの量は多くはありませんが内容は豊富です。 私ミコが開催する会ですので、 ゆる〜く真面目にのほほんと時間は過ぎていきますので、 どうぞお気軽にご参加くださいね。 お誘い合わせも大歓迎です^ - ^
                | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                久しぶり!
                0
                  久しぶりにこの子が到着。



                  カンパーニア州といえば、
                  タウラージが思い浮かぶのではないでしょうか?

                  南イタリアのワインとして初めてDOCGに昇格、そして南イタリアのバローロといわしめたワイン。




                  2001年、どんな味わいでしょうね。
                  | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  いつになくグラスワインは豊富です。
                  0
                    インプットが多いここ数日。 フェスタ デッラ ドンナの事に触れる間もなく、その日が終わる? 画像は、素敵なミモザとトスカーナのワイン色々。 カルミニャーノに カステッリーナ イン キャンティや、 ラッダ イン キャンティ、モンタルチーノ。 トスカーナといっても、本当にたくさんの場所で造られたトスカーナのワインがあるなぁ。
                    | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ベアトリーチェさんご来店。
                    0
                      昨日は

                      カペッツァーナ社のベアトリーチェ女史を囲んでの会に、ご参加頂きました皆様ありがとうございました^_^




                      カルミニャーノは、エトルリア時代からワインが生産されているトスカーナの小さなエリアで、
                      トスカーナで1番小さなDOCG。







                      今回はワインと共にこちらのオリーブオイルも楽しんでもらおうという思いで、
                      お料理もシンプルに仕上げました。
                      お料理も、
                      そのオリーブオイルをたっぷり染み込ませたパンに鶏レバーのクロスティーニ、

                      サラミ数種類。


                      そして、チーズを使ったリゾットにたくさんのオリーブオイルを。



                      ポルケッタとサラダにも、ベアトリーチェさん自らテーブルを周り、オリーブオイルをかける。


                      カペッツァーナ社のオリーブオイル、いつか百貨店に並ぶのでしょうか。

                      収穫したヴィンテージを記したのは、
                      嘘偽りのない証。
                      皆様、スグにでも買いたいと言っておられましたね。




                      サラミと鶏レバーのパテのクロスティーニと共に、
                      温度を下げすぎず提供したのは、、カペッツァーナ社の白ワイン
                      ◆トレッビアーノ ディ カペッツァーナ。

                      赤ワインは、 ◆モンナネーラ 2011年を。





                      ゴルゴンゾーラとタレッジョチーズを使ったリゾットと、



                      先ほどの
                      ◆モンナネーラ2011年◆と
                      ◆バルコ レアーレ ディ カルミニャーノ DOC 2014◆と


                      リゾットとの相性は特に抜群だったわと彼女は言う。
                      バルコ レアーレ ディ カルミニャーノは、味噌や照り焼きと合わせて欲しいとも。


                      そして、最後のポルケッタには、
                      ◆ヴィッラ ディ カペッツァーナ2013 カルミニャーノ DOCG◆を一緒に。





                      彼女は、料理を食べ終わってから、
                      イタリアに来て頂いたら、店長井口が作るお料理は本物のイタリア料理ということが、わかるわ、と嬉しいお言葉を。


                      この日は、
                      彼女の1番のお気に入りだという
                      セクシーで魅力的なワイン、


                      そして最高の年にしかリリースしない

                      ◆トレフィアーノ リゼルヴァ2008 カルミニャーノ DOCG◆を飲みたい方は、飲むというスタイルで。




                      ヴィンサント ディ カルミニャーノ DOC

                      ホッとため息の出る味わい。

                      皆様、瞑想のためのワインとも言われるこのヴィンサントを、じっくりゆっくり楽しまれておりましたね。


                      私も大好き。


                      ヴィンサントを造る生産者さんのお話で、

                      ビスコッティを浸さないで!
                      という生産者さんにお会いした事があります。


                      それは、ヴィンサントだけで楽しんで頂けるように作っているから、、、


                      このテヌータ ディ カペッツァーナ社もそうでした。


                      はぁー。
                      ずっと、舐めるように飲んでいられるヴィンサントです。


                      と、そんなこんなで会は終宴しました^_^


                      | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |